徒然なるままに、日暮らし、パソに向かひて、心にうつりゆく由なきネタを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ(何)

milf

No: 1938
投稿者:milf 2017/07/09 Sun 22:42:06

Scharfer Camsex garantiert ohne zensur milf treffen http://milf-cam.xyz milf treffen ;-D gleich...


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1938


sex

No: 1937
投稿者:sex 2017/06/28 Wed 19:45:25

I think i'm tripping! http://lesben.blogsexgratis.com


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1937


sextreff

No: 1936
投稿者:sextreff 2017/06/15 Thu 06:58:03

http://sextreff.xxx-cam.webcam
http://xxx-cam.webcam


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1936


order noopept

No: 1935
投稿者: order noopept 2017/06/15 Thu 06:08:06

Best Nootropics One the Net. noopept online http://noopept.org/


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1935


hausfrauen

No: 1934
投稿者:hausfrauen 2017/06/14 Wed 23:16:30

awesome livesex. http://hausfrauen.xxx-cam.webcam hausfrauen



この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1934


milf

No: 1933
投稿者:milf 2017/06/14 Wed 14:34:28

Geiler Camsex garantiert ohne zensur sexy milf http://sexy-milf.info sexy milf :) sofort..


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1933


Reife Frauen

No: 1932
投稿者:Reife Frauen 2017/06/14 Wed 09:26:26

Geiler Webcam Sex garantiert geil Milf http://reife-frauen.xyz Milf !!! heute!


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1932


15周年

No: 1931
投稿者:管理人 2017/02/25 Sat 21:58:14

 ここ最近は5年ごとに書いているこの手のタイトルの記事ですが、それもついに3回目になりましたね…
 というわけで2002年2月25日に本日記を公開してから、本日でちょうど15年経ちました。ちなみに日数にすると5479日だそうなんですが、今回の記事がNo. 1931ということは平均すると3日に一回以上書き続けている計算になる模様。ついった稼働が2010年初頭で、そこからの7年ぐらいはほぼ年1回程度の頻度しか書き込み無いのにこの平均値って、その前どんだけ書いていたんだって話だなww

 しかし15年て。開設日に生まれた人は今高校受験してるって考えるとヤバくないですか(何) いやまあこれ書いてる本人も当時高校生だったのが30才超えてますけど() 最初の方とか見返してみたら記事No.6で「コミックブレイド本日創刊です。」なんて書いてたりするんだけど、そんな雑誌はとっくに廃刊になったなぁ、と気づいて時の流れを感じるなど(何) 一方その前後の記事で触れてる「フルメタル・パニック!」のアニメ(※1期ね)は今年秋から続編が始まるのをめっちゃ楽しみにしている、っていう、結局今は何年なのかわからなくなるような内容もあったりとかしますけどw

 さてせっかく節目の年なので今回は僕の各種サイト運営歴でもまとめてみようかと。多分ここでやらないとそろそろ散逸しそうだしw 一部既に閉鎖していて元ファイルも部屋の地層に埋もれてるからInternet Archiveで掘り返してまで調べた歴代サイト開設日はこんな感じでした。

2001.02.04 リヴァイアスサイト本格公開。
2001.05.02 ハレグゥサイトスタート。
2002.02.25 この日記をスタート。
2003.06.16 鋼サイトスタート。
2006.08.07 探訪サイト分離独立。
2009.11.02 鋼サイト もうニュース更新しません宣言(何)
2010.01.24 ついった登録。
2010.10.31 infoseek無料HPサービス終了に伴い、リヴァイアスサイト閉鎖。

 明確に意思を持って何かしたのはこんな感じでしょうか。

 リヴァイアスサイトは公式サイトの掲示板のファンサイト(何)という完全に内輪向けな存在なので積極的に外部発信しだしたのはハレグゥサイトからですね。それでももう16年前。テレビシリーズからOVA第1シリーズやってた2001~2002年はオタク活動のリソースの大半がここに注ぎ込まれていた気がしますw

 それが落ち着いて少し暇になったけど、ネットデビュー時(確か1999年1月)から3年ぐらいかけて培われた書きすぎクラスタのサガは抑えることが出来ず、何かしら吐き出す場所が必要になって生成されたのがこの日記であります(何)「リヴァイアスサイト」とか「ハレグゥサイト」とか、作品に縛られず幅広くネタにしたかったので、一応ハレグゥサイトの一コーナーという体にはなっているけど、本人の意識としては独立自治州的なイメージです(何
 そんな目的通りにかなりたくさん吐き出されており、書き込みのペースはさっき計算したとおりな上に、各記事の文字量も結構なもんのはず。開設最初はレンタル掲示板そのまま使っていたので半角10000文字制限とかあったけど、それをはみ出すこともしばしばあったもんなあ。今思えば、この制限内に収めるために句読点を削ったり「している」→「してる」など言い回しを工夫することで、内容はそのままに文字数だけ削るという作業を必死こいてやってたのは、今ついったにおいて140文字に収めなければならない局面において当時の経験が非常に生きている気がするww

 そうこうしているうちに2003年6月にハガレンのアニメ化が発表されたのを受け、新たにオープンさせたのが鋼サイト。本格的に世間一般へ向けて情報発信をしていこう、と意識してサイト作りを始めたのはこれが最初。ハレグゥサイトはリヴァイアスサイトの内輪のネタから勢いで作ったのが発端だったけど、気づいたらそれなりの支持を得ていたので、じゃあそれを活かして、という感じで。
 2003年末ごろからはハレグゥの方もOVA第2シリーズ「FINAL」も始まって二足のわらじモードになり、2005年の鋼劇場版が終わるまでは普段のアニメ視聴も減る勢いでこの2サイトに関わる諸々ばっかりやってた記憶がありますがw、そこまでした甲斐はあったらしく、当時業界シェア(何)はそれなりに獲得していた模様。今久しぶりにカウンタ確認してみたら、鋼サイトトップだけで205万、その他全ページ合わせると270万以上も回ってた。ちなみに探訪サイトが今日の時点で全部合わせても225万弱。鋼サイトはまともに更新しつづけたの長く見積もっても5年程度だけど、12年間継続的に更新し続けている探訪サイトがまだ追いつけていないレベルと考えると、鋼サイトって結構な規模だったんだね…ww ちなみにハレグゥサイトは83万ぐらい(※この日記を含む)だけど、一個人のファンサイトとしてはこれもこれでそれなりなんですかね。

 一方鋼・ハレグゥサイト全盛期のその裏で、2004年には今後の大きな流れとなる舞台探訪(聖地巡礼)に手を出し始めていました。詳しくは舞台探訪履歴シリーズで書いてるので省略しますが、最初は他の人のサイトを参考に後追いで行く(僕の定義で言う)「聖地巡礼」だったのが、2005年の「絶対少年」からは、自力で舞台を特定して放送中に何度も現地へ行って随時更新していくという、僕が「舞台探訪」と呼ぶスタイルに変わりだして、その後徐々にいろんな作品に手を広げていった感じ。まだ12年前の話ですが、ここから先はもう完全に今現在へと至る流れですねw
 2006年以降は鋼もハレグゥも一通りブームは収束し、今後も特に大きな動きはなさそうだったので、次のネタに本格参入するならこのタイミングかな、と思って2006年8月にはそれまで日記に書いていた探訪記事をまとめて単独サイトとして分離独立。徐々に移植を進めていって、最初の年の内に「絶対少年」「ノエイン」「.hack//Liminality」の三作品体制に。その後も行き次第順次アップしていって、「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」「時をかける少女」「アイマスXENOGLASSIA」「おお振り」「フルメタTSR」が2007年までのラインナップ。これは舞台の場所で言うと静岡県丹那盆地と横浜、函館、金沢&横浜&高山、お台場、都内各地、同都内、埼玉、香港と既にかなりの散り具合wでもどちらかというと東京近郊が多いので、どうやらこの時期にサイトを見てくれていた人からは都内近郊在住だと思われていたようですww(実際は札幌w)

 こんな風にハレグゥ落ち着いたから日記、鋼落ち着いたから探訪と、2006年頃までは作品の趨勢に合わせて1-2年ごとにメインが変わっていく暮らしでしたが、その後は日記にアニメ感想、探訪サイトに探訪記事を書きおとしていくのが数年続きます。まあどっちも多作品を内包するジャンルなので、ブーム終息とは無縁という続けやすさはありますが。
 日記的にはここら辺の時期が最盛期かもしれない。2007年は「コードギアス」「グレンラガン」「電脳コイル」「精霊の守り人」と10年後の今でも語り継がれる程のオリジナルアニメが大豊作だった年とも重なっているので、感想書きもだいぶはかどっていた気がしますw

 そんな安定期が3~4年ぐらい続きましたが、2010年のついった登録で一挙にそっちに移行したのはもはやこの日記を未だに見ている人には周知の事実でしょう(何) ついったとか、最初は広瀬香美が「ヒウィッヒヒー」とか言ったら謎に流行るような場所、すなわちリア充向けツールであるから我々ヲタクには関係ないものだ、という印象しかなかったんだけど、どうしてこうなった(何)
 登録しようと思った大きな理由はその前年・2009年公開の映画「サマーウォーズ」で見せられた「OZ」の世界に近いものを感じてちょっと実際に体験してみたいと思ったのと、さらにはそれを作った細田監督や作品自体も公式垢を持ってていろいろ面白いことをつぶやいていたから、それを見逃さないようにするため、というものでした。けど利用を続けているウチに、探訪サイト経由で探訪クラスタとつながりが出来たりとか、この日記を密かにずっと見ていたストーカーな人があぶり出されてきたり(何)とか、まあなんだかんだ人間関係的には大きな変化を迎えることになりましたね。

その後のことはもはやだいぶ最近のことなので敢えて改めて書くこともなく。大ネタもありますが、それは通常表示ならこの画面内に全部書いてあるぐらい最近の記事なので、振り返りたい人はスクロールしてください(何)
 まあ強いて書いてないことを拾うとすれば、2012年10月クールあたりから本格的に実況クラスタ入りしたぐらいですかねw
 ついろぐの月ごとツイート数見れば一目瞭然。月間ツイート数は2012年5~10月は1644~1766でめっちゃ安定してたのに、11月に2007、12月には2850と急増。その後も安定して高値を記録し続け2013年4月の4395は現状3位の記録らしいw当時の作品ラインナップを思い出してみると「中二病でも恋がしたい!」の実況が楽しくて味を占めた感じですかね。3位記録の13年4月クールも「はたらく魔王さま!」に「変猫」とこれまた実況しがいのあるものばっかだったので、そりゃこうなりますかw

 以後は再び安定期って感じ。アニメ視聴ラインナップツイート数に大きな変動はあるけれど、アニメ実況しつつ時々遠征して探訪記事うpる生活は、まあかれこれ5年ぐらい続いて今に至っています。今後もそれは当分続きそうな感じですかね。


 とまあ振り返ってみたわけですが、改めてわかったことは僕は常に何かを発信していないと死んでしまう系オタクだってことですかね(何) 探訪も実況もアニメ見続けている限り今後も延々続くでしょうし、他にも実況以外のアニメ感想、鉄道ネタ、旅行ネタ、お料理ネタ等々ついったで散発的に発信しているものもまとめてちゃんと発信したいという気持ちもあったりする。特に鉄道関係は自分の中では物心ついた頃から今に至るまで30年近く続く最も年季の入った一大ジャンルだしwwアニメ感想も、いくらついろぐが有るとはいえついったで散発的に書いて流れていくだけなのはもったいないし、書き足りないという気持ちもある。最近旧作リメイク・続編ブームで、今日もまさにこの日記に再放送時毎回感想を書いた「デジモンアドベンチャー」シリーズの正当なる続編「Tri.」の第4章を見てきたばかりだったりするので、感想シリーズも続編を書きたいと実は一章の時から思っていたりもするw
 そんなわけでそのうち日記が再活性化したり、場合によっては新たなサイトが増える日も来るかもしれないので、もし本当に実現したらこの記事を見た人は毎日一回ずつカウンタ回すお仕事に是非ご協力ください(何)
 そんなわけで長らく下火なこの日記もまだまだ止める気は全くないので、引き続きご愛顧よろしくお願いしますww


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1931


2016年アニメ総決算

No: 1930
投稿者:管理人 2016/12/26 Mon 00:45:53

2010年初頭のついった登録以後、急速に記事投下ペースが落ちたものの、なんだかんだで各年1回以上は記事が投下され続けているこの日記ですが、前回2015年1月4日の投稿以来2年近く間が開いてしまい、このままでは記事が一つもないまま2016年が終わってしまう…!ということに年末ぎりぎりになって気づいたので何かしら投下しておこうと思います(何
何を書こうかなと思ったのですが、ちょうど年末で一年を振り返るタイミングだったので今年のアニメを軽く振り返ってみたら、ここ数年では空前の、といっていいほどアニメが大豊作の年だったなあ、ということに気づいたので、ネタはそれで行こうかなと。最近この日記は探訪まとめしか投下されていないけど、前は毎年やってたやつだし久しぶりに。遡ったら2010年分以来6年ぶりだよwww
そんなわけでタイトルも当時と同じやつを冠して、この1年のアニメを振り返ってみたいと思います。以下冬クール(1~3月)から順に。なお「見てた」と扱うのは3話以上見たものに限ることとします。

◆2016年1月クール
見てたもの:
月:「最弱無敗の神装機竜」
火:「プリンス・オブ・ストライド」
水:「無彩限のファントム・ワールド」「ちはやふる(再)」「このすばらしい世界に祝福を!」「ハルチカ」
木:「アクティヴレイド」「僕だけがいない街」
金:(なし)
土:「ブブキ・ブランキ」「ラクエンロジック」「デュラララ!!×2 結」
日:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」「Dimension W」「アクセル・ワールド(再)」「ハイキュー!!セカンドシーズン」「灰と幻想のグリムガル」
以上完走16本

1月クールはもうグリムガルとハイキューと僕街のせいで完全に頭おかしくなってた感じですね(何
もうこの3つホントつよすぎでしょ。
「グリムガル」は中村亮介監督にキャラデザ細居美恵子さんという、2012年の映画「ねらわれた学園」や「四月は君の嘘」OP映像のコンビなせいで映像の美しさは本当に息をのむレベルだったし、キャラから漂うエロスはそれはそれはもうヤバイレベルでしたね……←
でもそのエロスと映像の美しさが、徹底的に作り込まれたあの異世界の設定と相まって、ファンタジーな異世界なのにものすごい強烈な実在感をもって迫ってきたのが本当にヤバかった(語彙力)
世界設定も文明レベルの考証がものすごく深いみたいで、大量生産の工業が発達していないから衣類がめちゃくちゃ高いとかいう、話の展開にも若干関わってくるようなところから、火にかけた素焼きのポットに取っ手を引っかけてお茶を注ぐとか、歯磨きに木の枝使ってるとか、そんな些細な日常描写までちゃんと適切に「あの世界ならそうなるだろう」という動きが描かれてるのには感心することしきり。ここら辺の細かいところもその「実在感」をさらに強めているから、作品の主題である「あの世界で生きること」というものの重みもよりいっそう際立っていたなと思います。
僕はこういう世界観に猛烈に入り込めるアニメに当たると大概とんでもないことになるのですが案の定今回も大変なことになりました(何) なんかもうあまりに世界の描写が強すぎて、見てる間は完全に意識はハルヒロとともにあっちの世界に行ってたからな…放送日以外も相当な部分をこの作品に持って行かれた気がするので、当時の言動は若干おかしくなっていたと思われます(何

そして「僕街」こと「僕だけがいない街」と、この時点ですでに2期も後半戦という否が応でも盛り上がるタイミングの「ハイキュー!!セカンドシーズン」。この2作品が同じクールに来るのもホント反則でしたね(何
ついったの方では散々言ってる気がしますが、この2作品ともシリーズ構成をされているのが岸本卓さん。実はデビュー作の「うさぎドロップ」や「銀の匙」でもシリーズ構成されててこの方の脚本には結構触れていたんですが、しっかり意識したのは「ハイキュー!!」1期から。何がすごいって、緊迫感と気の抜けるシーンをバランスよく織り込みつつ話を進めて、最後の方でめっちゃ盛り上げまくってからの次回へ続く!!!!!!っていう構成の巧さな…スポーツものだから試合に入ればわりとほっといても盛り上がるところはあるし、さらには原作の力もあるんだろうけど、そうじゃない回でまで盛り上げて来るこの力はホントすごいと思ってました。
この期の「セカンドシーズン」も当然それは健在である上に、この2クール目は基本春高予選の試合が続くので盛り上がりもMAXでしたよね…(まあ10月クールの3期でさらにその上を行かれるわけですがw)

その演出パターン、特に次回への引き方に全力を賭したのが「僕街」。
もう、シリーズ中ほぼ全話において、EDに入ったとたん「うああああああああそこで終わるのおおおおおおおおおおお!!!!!!!」的なツイートをせざるを得なかったアニメもなかなかないと思います(爆
しかも僕だけじゃなくて実況タグにいる人ほぼ全員同じ反応だからなww割と遅い時間なのに毎話毎話脳汁ドバーで寝られなくしてくれる、本当に困ったアニメでした(何

この期はほかにも岡田マリーなのにちゃんとガンダムしてることに定評のあるオルフェンズの2クール目もかなり盛り上がってましたし、ラクロジとDimensionWのアニメオリジナル作品が地味に面白かったりとか、再放送だけどちはやとアクセルワールドはやっぱ強かったとか、テンプレラノベ枠だけど意外と面白かった最弱無敗に今期の草不可避枠このすば!とかめっちゃ充実してましたよね…

あと探訪的には清水が舞台のハルチカも内容・現地ともによかったし、何よりでかいのは2009年10月のアニメ化決定からずーーーっと追い続けてきた池袋でおなじみのデュラララ!!シリーズがついに完結したことですよねー。
それまで池袋なんてほとんど行ったことなくて最初は完全に「非日常」な街だったのが、それからの6年半でたぶん100回は下らないほど行って、今やすっかり「日常」になったというのが完全に主人公の帝人とシンクロしてて、この作品をここまで楽しめた理由の相当大きな部分はこの探訪をずっと続けたという点に依るんじゃないかなという気すらする。
うちの探訪サイトが探訪業界で本格的に存在感を示せた最初のシリーズでもあるかなと思いますし、このシリーズの探訪を通じたとんでもない出会いなんかも思い出されて、終わったときはなかなか感慨深かったですね。

そんな感じでいろんな方面でとにかく荒ぶり続けていたのが1月クールでした(何

◆2016年4月クール
見てたもの:
月:(なし)
火:(なし)
水:「ジョーカー・ゲーム」「ちはやふる(再)」「文豪ストレイドッグス」
木:「クロムクロ」「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」「甲鉄城のカバネリ」
金:「精霊の守り人(再)」※途中まで
土:「田中くんはいつもけだるげ」「キズナイーバー」「ハイスクール・フリート」※5話まで「迷家‐マヨイガ‐」「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」※4話まで
日:「僕のヒーローアカデミア」「とんかつDJアゲ太郎」「マクロスΔ」「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG」「アクセル・ワールド(再)」「くまみこ」「Re:ゼロから始める異世界生活」
以上完走16本

4月クールはやはりリゼロヤバイに尽きる。
前クールに「このすば!」「グリムガル」という同じ異世界モノがあったのにまたかよ!「Re:ゼロから始める異世界生活」なんてタイトルだからどっちかってーとこのすば寄りなのか?などど思って危うく見ない可能性すらあったけど、初回1時間スペシャルだし、何より「主人公が得た『死に戻り』の力」というワードにちょっとした引っかかりを覚えてとりあえず見てみたら、最初の30分は確かに「このすば」感ある、わりとゆるいテンプレ感ある異世界ラノベだったんだけど、Bパート終わりでドーーーーーンでしょ?(何) もう完全に油断していたところに不意打ち喰らって一気に惚れましたね(何)
さらに主人公のスバルくんがテンプレラノベアニメにありがちな、能力的には相当すごいモノを持っているのに状況や女の子に流されまくるタイプではなく、特殊な能力など何もなくむしろ劣等感の塊みたいな精神構造してるのに、過酷な運命に果敢に立ち向かい、何度も失敗しながらも自分の意思で泥臭く道を切り拓いていくタイプなのにもまた惚れた。これついったで何度も言ってるけど、どんなに女の子かわいいアニメだろうと男主人公が輝いていないとダメというのが僕の持論ですが、その点においてもこのアニメは猛烈に『鬼がかって』ましたね。
いやーもうスバルくんは今年のみならずここ数年来で最もお気に入りの男性キャラに堂々ランクインですよほんと。(ちなみにその立ち位置を占めていたのは直前まではSAOのキリトさん、その前だと東のエデンの滝沢くんあたりですかね。)

大豊作で神レベルな作品すら3つもあった前クールと比べると春クールは「リゼロ一強」って感じだったけど、まあこの1作品で3作品分ぐらいの荒ぶりリソースを取られていた気はするので充実感はあまり変わらなかったですかね(何
ほかにも「ヒロアカ」「カバネリ」「キズナイーバー」「迷家」あたりはリゼロが同じ期にいなかったら今期最強と言っていた可能性のあるレベルでよかったですね。ヒロアカは来年4月から続きが始まるのでとても楽しみ。

シリアス部門はこんなとこですが、草不可避部門(何)では「たなけだ」が圧勝でした(何
ガンガン系列であの絵柄、主人公も男の子だしゆるホモ(何)系女性向けアニメかな?と思っていたのに見始めてみたら空前絶後の腹筋崩壊枠で、一昔前なら一番組実況しただけでついった規制される勢いというヤバさ(何 ついでに女の子もかわいいというおまけもついてきたら見ないわけには行きませぬ(誰
同じような感じだったのが「ネトゲの嫁」かな。こっちは逆にラノベでこのタイトルだしハーレム系テンプレラノベアニメかな?と思って見ない可能性も高かったけど、木曜の飛び石実況の間を埋めるいい位置にあったからという理由だけで見始めてみたら、確かにハーレム系の要素はあるモノの、ギャグから意外としっかりした話までいろいろ展開されててよかった。
さっきリゼロのところで書いたのと同じで、このアニメも男主人公たるルシアンがなかなかいいヤツだったのが好印象の秘訣ですかね。

そんな感じでまとめてみると、1月に比べると完走作品数的には変わらないモノの、荒ぶりリソース(何)の配分的には少数精鋭って感じだったかなというのが4月クールの印象でした。


◆2016年7月クール
見てたもの:
月:「アクティヴレイド 2nd」「甘々と稲妻」
火:「チア男子!!」「NEW GAME!」
水:(なし)
木:「クロムクロ」「レガリア」「バッテリー」
金:「ももくり」「ReLIFE」
土:「食戟のソーマ 弐ノ皿」「ラブライブ!サンシャイン」※4話まで「クオリディア・コード」「初恋モンスター」「この美術部には問題がある!」
日:「不機嫌なモノノケ庵」「マクロスΔ」「DAYS」「orange」「あまんちゅ」「Re:ゼロから始める異世界生活」
以上完走19本

並べて初めて気づいたけどそんなにあったの?!
でも印象に残ってるのはやっぱりこの期もリゼロマジ鬼がかりすぎてる……なんだよな。
もうさっきだいぶ書いたのでこれ以上はあまり書かないけど、2クール目、話的には第3章のスバルくんが過去最大のつらみに襲われるシリーズに突入……からの復活!!!は本当にアツかったですね…

でもそんなリゼロがあっても印象に残るモノはそれなりにあったかな。
「チア男子!!」はまさにその一つ。最近男の子キャラと男性声優が山ほど出てくる女性向けアニメ氾濫しすぎなのにまたかよ!などど思って危うく見ない可能性すらあったけど、原作者がちょっと話題になってた「桐島、部活やめるってよ」の朝井リョウであるというところにちょっとした引っかかりを覚えてとりあえず見てみたら、女性アニメファンに向けて媚びすぎたような描写は特になく、部を立ち上げてメンバーを集めるところから始まり途中いったん盛り上げどころを見せておき、後半第2部では部内の不和や個々人の抱えるモノを見せつつ技量的にも精神的にも成長していく、という正統派部活アニメが展開されていて徐々に惚れていきましたね(何)
なんかさっきと同じ文章構成だけど、こういう不意に面白かった作品こそハマっていく傾向が強いので荒ぶりも高まりがちです(何

そういった意味ではいろんな方向からえらく突き刺さってきた「ReLIFE」とか、それとは違う意味で突き刺さってきた(何)「ももくり」とかも前情報ほぼなしで見始めたら面白かったシリーズに位置していますかね。

もちろん、2期だから面白いとわかりきっていた「ソーマ」も、今期も安定のジャンプアニメ感あってとてもよかった。
料理的には再現の難易度が上がってしまったのがちょっと不服だけどwwあ、でもあの糠サンマの炊き込みご飯はやったけど、それもやはり安定の美味さでした。

今期はアニメそのものだけでなく主題歌もいいのが多かったかな。
文ストからチア男子の「ラックライフ」とか、ヒロアカから甘々と稲妻の「Brian the sun」とか、2クール連続だけどイメージがらっと変えてきてびっくり。
何より男性アーティストがだいぶ増えてきたかなという気がするので、「カラオケ行きたい」のツイートも頻度を増すばかりでした(何

最後に今期も草不可避枠が堅調。
これも特に期待してなかったけど時間的に見やすいから見てみたらめっちゃ面白かったパターンですが、放送局を選ぶことで土曜深夜の二連続となった「初恋モンスター」と「この美」が好きすぎでもう…wwwwww
特に初恋モンスターとか、あんな絵柄であんな内容やるとは思わないでしょwwwwその上ヒロイン役に堀江由衣とかもうずるすぎるwwwwwwこの美もこの美でなんか妙にギャグの波長が合う感じで。おかげで実況も捗りすぎて、2016年7月は月間ツイート数が4789(=平均154 tweets/day)と現時点での最高値を記録しましたとさwwほんと規制がなくなってよかった…←

◆2016年10月クール
見てたもの:
月:「魔法少女育成計画」「TRICKSTAR」
火:「装神少女まとい」「夏目友人帳 伍」
水:「ナンバカ」「響け!ユーフォニアム2」「文豪ストレイドッグス(後半クール)」「ユーリ!!! on ICE」※録画視聴。現状7話まで。
木:「レガリア」「競女!!!!!!!!」「ALL OUT!!」「舟を編む」
金:「ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校」
土:「ブブキ・ブランキ 星の巨人」「3月のライオン」「Occultic;Nine」
日:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(分割4クール後半)」「DAYS」
以上完走17本(12/25現在。予定含む。)

半年続いたリゼロが終わって生きるのがつらい…死に戻りしたい……などと思うのも束の間、続編モノにころされる10月クールがスタートしました(何
ここまでは「期待してなかったけど見てみたらめっちゃ面白かった」のパターンが多かったのに対して今期は面白いことがわかりきっている過去作の続き、すなわち夏目5期、ユーフォ2期、オルフェンズ後半戦、そしてハイキュー!!3期全部同時にやってくるとか頭おかしくなるに決まってるでしょ(何
特にハイキューさあ…「番組タイトルにVS白鳥沢とか付いてるけどまさか全部その試合ってわけじゃないよな?」と思っていたのに全10話と短めながらも本当に全部VS白鳥沢学園の試合とか頭おかしいでしょ(褒め言葉)
最初の方で書いたとおりの岸本さんの鬼のような構成もハイキュー2期と僕街を経てさらに磨きがかかってて、ただでさえ放送時間遅いのに毎度終わったあと興奮状態になるから3時過ぎまで寝られない不具合に10週連続で見舞われることになりましたよええ(何
もう1期から2年半以上断続的にこんなん見せられ続けたせいでもう感化されすぎて今バレーボールやりたみがすごい。ハイキュー好きをこじらせた人が主に集まる、バレーどころかスポーツ完全未経験の人でも受け入れてくれる社会人サークルとかあったら結構本気で入りたい勢いなのでもしあるようなら情報お待ちしております←

ほかの続編各位も、ユーフォは前作以上に「あああああああああ…………」てなるし、オルフェンズも相変わらず定期的に死亡フラグや不穏な展開ぶっ込んでくるし、もう、つらい(何 5期目を迎えても安定していい話で和ませてくれる夏目伍が続編四天王唯一の良心でした(何

もちろん新作もなかなかよくて、「舟を編む」はここ最近の中では最もノイタミナらしい大人な内容って感じだったし、「ALL OUT」と前クールから続く「DAYS」も地味だけど堅実なスポーツモノって感じで好印象。「まほいく」「まとい」の魔法(?)少女ものふたつもいい意味で思ってたのと違う感じでよかった。後者はシリーズ構成:黒田洋介の力を見せつけられた感じですわ。

あとはオカンこと「Occultic;Nine」ですかねー。あの超絶早口で謎が解かれていくあの怒濤のごとき勢いは本当に楽しかった。あの無駄に情報量の多い早口台詞、合わない人は合わないんだろうけど僕は好きというか僕自身が頭の中でいろいろ考えてるときの勢いってあんな感じというイメージを持ってるからとても親近感わいたw
この日記の文体もほぼそれだと思うしな。何を隠そうこの記事を書き始めたのはオカン最終話を見終わって脳みそフル回転高速タイピングモードが継続している勢いに乗ったらなんか書けそうな気がしてきたからというのがきっかけだったりするのである(何
作品自体の結末についてはちょっと言いたいところ山ほどあるんだけど、まあ端的にまとめたら二期をやれの一言に集約されるので、楽しみにしています(威圧←

そして今期も健在おバカ枠。もう、「競女」が最高すぎるwwwwwww前クールの「初恋モンスター」が精神年齢小学生男子だったのに対してこっちは中学生男子と言いますか。まさか尻と胸だけで全12話保たせられるとは思わなかったよ……wwwwwwww
1話からいきなり尻関連のパワーワード全開だったけど決して出オチになることなく、毎話毎話さらにその斜め遙か上を行くパワーワード祭りを継続したその尻語彙力の高さには感服することしきり(何
そんなんなのに尻と胸以外のところではかなりガチなスポ根少年漫画を真顔でやってるってのがまたねえ。それが燃え要素になるかと思えば結局尻と胸に上書きされて笑いを増すための要素になってるのはきっと仕様(何
でも真面目な話、これだけ尻だ胸だ言いまくってるのに特に下品な感じになることもなく、話としてはしっかりスポ根してて、でも最後までブレることなく笑いを提供し続けたこのシリーズ構成のバランス感覚はすごいと思った。まあ、そんな真面目な話も結局尻と胸の印象に上書きされるので語ることに対して意味はありませんが(何

◆劇場版アニメ
見たモノと鑑賞日:
「ガラスの花と壊す世界」(1/9)
「コードギアス亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチヘ」(2/6)
「デジモンアドベンチャーtri. 第2章 決意」(3/12)
「あにめたまご2016」(3/19)
「ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~」(4/24)
「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」(4/24)
「亜人 第2部 -衝突-」(5/15)
「デュラララ!!×2特別編 デュフフフ!!」(5/21)
「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」(7/24)
「魔法使いの嫁 前編」(8/21)
「君の名は。」(8/26、8/27、11/23)
「聲の形」(9/19、10/10)
「亜人 最終章 -衝戟-」(9/24)
「デジモンアドベンチャーtri. 第3章 告白」(9/24)
「ゼーガペインADP」(10/16)
「この世界の片隅に」(11/13、11/23)
「劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子」(11/13)
「好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~」(12/23)
「ポッピンQ」(12/23)
全19作品(のべ23回)

この2016年のアニメを語る上ではテレビアニメだけでなく劇場版アニメについて語らないわけにはいきますまい。
もう個人感想どころかオタク界隈をも飛び越えてまさに「社会現象」レベルにまで達したわけだからね。
今年はアニメの歴史の大きな節目として少なくとも今後数十年は記憶される歴史的な年になったことはまあ間違いないでしょう。

作品的にはもう言うまでもない感じしますが「君の名は。」「聲の形」「この世界の片隅に」の3つが最強。ついったでも散々書いたし世の中的にも相当語られてるのでここで今更語ることはしませんけど、ほんとこの3つだけでもう満腹感でいっぱいw
年が明けてもなお新しい形態も加わって上映が続くようなので、来年もまだこれら作品は見に行く機会があるのでありましょう。.

ほかに触れておくとしたら「ユーフォ」と「ゼーガ」の2つですかね。どちらもテレビシリーズの総集編をメインに新作パート少々で構成された映画だけど、そうは思えぬ素晴らしい作品でした。
ユーフォの方はテレビシリーズ全13話で描かれたいろんな主題の中からいくつかをピックアップして、それに焦点を当てたら最後までブレずにまとめ上げたあの再構成力がすごい。もう世の中すべての総集編映画はこれをお手本にしたらいい、みたいな作りでしたw
一方ゼーガの方は、これを総集編というのは完全に詐欺ですねwwwもちろんいい意味でww
もう劇場公開も終わって円盤も出てるのでネタバレしちゃうけど、あの「サーバーリセットによるループ」って設定を見事に活かして、テレビシリーズの素材と少しの新作パートの映像使って内容的には完全新作の前日譚を作ってしまうとかすごすぎるwww
事前情報で声は全編録り下ろしと聞いてどういうこと?と思っていたらそういうことか、とw テレビから10年経ってまさかこんなものが見られるとは思っていなかったので本当にありがとうございますって感じでしたw



……とまあ大長文で振り返ってみましたが、改めて今年はアニメ大豊作の年だったなと。ギャグからシリアスまで幅広く取りそろえているし、なにより毎クールそれぞれ1作品以上猛烈に荒ぶる作品があるとか尋常じゃないですw
ちなみに今年見た作品数、全話見たのだけでも各クール平均17本だし、総数で言うとテレビシリーズが年間61作品、映画も合わせると80作品でした。(※分割2クールの前半と後半は別作品として計上)
あれ……この「アニメ総決算」シリーズを毎年書いてた頃は劇場版やら過去作引っ張り出して見たモノ含めても最大60作品程度だったのに、めっちゃ増えてる…www2009年からは札幌から関東に移住したりいわゆる社会人になったりと環境の激変があった割にはその前後で総視聴数は大して変わらなかったというのに、5年ほどこの記事を書かなくなった間に何があったのかww単純に放送総数も増えているというのはあるだろうけど、それにしても多すぎでびっくり。どおりでなんか最近そのクール以前に放送されたアニメを引っ張り出してきて見る機会がなくなったわけだ。この状況でそんな時間が取れるはずもないww

さて果たして来年はどうなるのか。直近1月クールが実はあまり情報仕入れてなくて何が面白そうかも不透明な状況だけど、4月クールはなにやら大きなプロジェクトがいろいろ出てくるようなので今から期待中。映画の方も、2月には1年以上遅れて満を持して公開のノイタミナムービー「虐殺機関」や「SAO」「デジモンTri.4章」があるし、3月にも「黒バス」や神山健治監督のオリジナル「ひるね姫」なんかが既に決まっているので、今年に引き続き映画館へ通う日々が続きそうですw



というわけで前回2015年1月4日から722日ぶり日記年記をお送りしました(何
もちろん途中隙間は多数あるけど、書き始めてから終わるまでおよそ24時間かかった……ww
しかもここまで長文書くの久しぶりだったから改行入れるペースとかも忘れてて、一旦投稿してみたらどえらく見づらいモノができあがってきたし(爆
だからといってこれからは定期的に書くようにしよう…、とはならないのでそこんとこよろしく(何
次回はいつも通りいつになるのか不明……と思ったけど、よく考えてみたら来年2月25日でこの日記ついに設置から15年を迎えるのでさすがに何か書くかもw予定は未定だが


この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1930


舞台探訪履歴 Part 4 2013年1月2日~2015年1月3日

No: 1929
投稿者:管理人 2015/01/04 Sun 22:19:25

完全に放置されているようで実はちゃんと年に1回は記事が投下される、そんなこの日記に2015年分の記事が投下される日がやって参りました(何
2年ほどまとめていなかった「舞台探訪履歴」シリーズを探訪閑散期の正月休みでまとめきったので投下します。

まずは数え上げのルールおさらい。

    ◆「回数」の数え方:基本コンセプトは「家に帰るまでが探訪です。」。
  1. 1日で複数箇所、複数作品回っても「1回」と扱う。
  2. 家(※)以外の場所への宿泊を伴い、2日以上の行程で探訪した場合も「1回」とする。(※自宅の他、実家(都内)、親戚宅(札幌)を含む。)
  3. 映画鑑賞、買い物など別の用事のついでに通過しただけでも、作品を意識して1枚でも写真を撮れば「1回」とする。

  4. ◆「稼働日数」の数え方
  5. 一瞬でも舞台探訪を行った日は「稼働日1日」と数え上げる。
  6. 宿泊を伴う行程の場合、たとえば6泊7日の行程のうち、2日目、3日目、5日目に何らかの作品を探訪した場合、「探訪1回、稼働日3日」と数え上げる。


以上のルールで継続してまとめをつくっていますが、第1回探訪と認定している2004年3月から、詳細リストができあがっている2012年末実施分までをざっとまとめるとこのようになっております。
2004~2009年(第1回~第93回)
2010年(第94回~第151回)
2011~2012年(第152回~第244回)

番号は上記リンク先の記事から通しで今回の分をまとめたところ、以下のようになりました。
    ◆2013年
  1. 2013.01.02~2013.01.03(2013冬突発遠征)
    富山県 滑川市立田中小学校 for 「おおかみこどもの雨と雪」(01.02)
    富山県 南砺市城端 for 「true tears」(01.03)

  2. 2013.01.12
    東京都 池袋 for 「デュラララ!!」(放送3年後)

  3. 2013.01.14
    東京都 豪徳寺、新宿 for 「秒速5センチメートル」(降雪時)

  4. 2013.01.19
    長野県 上田市 for 「サマーウォーズ」
    長野県 小諸市 for 「あの夏で待ってる」

  5. 2013.02.02
    東京都 多摩センター、立川 for 「とある魔術の禁書目録」「とある科学の超電磁砲」(多摩都市モノレールコラボ乗車券発売、ラッピングトレイン運行開始イベント、スタンプラリー)
    東京都 新宿駅南口 for 「ソードアート・オンライン」

  6. 2013.02.10
    東京都 池袋 for 「デュラララ!!」(映画のついでに通りかかった時撮っただけ)

  7. 2013.02.24
    東京都 阿佐ヶ谷住宅 for 「電波的な彼女」
    東京都 善福寺川 for 「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる。」「鉄腕バーディーDECODE」
    東京都 立川、多摩センター for 「とある魔術の禁書目録」(立川の劇場で劇場版鑑賞してそのまま探訪)

  8. 2013.03.09
    神奈川県 江ノ島 for 「つり球」(釣り)

  9. 2013.03.20
    神奈川県 江ノ島 for 「つり球」(藤沢フィルムコミッションフォーラム)

  10. 2013.03.23
    東京都 中目黒 for 「秒速5センチメートル」
    東京都 大蔵団地 for 「放浪息子」

  11. 2013.03.24
    神奈川県 江ノ島、鎌倉 for 「つり球」「TARI TARI」「ねらわれた学園」(お花見ついで)

  12. 2013.03.31
    東京都 池袋 for 「デュラララ!!」(お花見ついで)

  13. 2013.04.07
    千葉県 千葉市 for 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」(2期1話+ラッピングモノレール)

  14. 2013.04.20
    神奈川県 江ノ島 for 「つり球」(釣り)

  15. 2013.04.27~2013.05.06(2013GW遠征)
    岐阜県 高山 for 「氷菓」(04.27)
    富山県 南砺市 for 「恋旅~True Tours Nanto~」(完成披露試写会@城端)(04.28)
    福井県 東美浜駅 for 「中二病でも恋がしたい!」(04.29)
    京都府 丹後由良 for 「たまこまーけっと」(04.29)
    鹿児島県 種子島 for 「ROBOTICS;Notes」「秒速5センチメートル」(05.03)
    鹿児島県 種子島 for 「ROBOTICS;Notes」「秒速5センチメートル」(05.04)
    鹿児島県 種子島 for 「ROBOTICS;Notes」「秒速5センチメートル」(05.05)
    熊本県 人吉球磨地方 for 「夏目友人帳」(05.06)

  16. 2013.05.26
    神奈川県 江ノ島 for 「つり球」(釣り)

  17. 2013.06.02
    東京都 新宿御苑 for 「言の葉の庭」
    東京都 笹塚 for 「はたらく魔王さま!」

  18. 2013.06.16
    東京都 新宿御苑 for 「言の葉の庭」

  19. 2013.06.26
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」

  20. 2013.06.29
    神奈川県 江ノ島 for 「つり球」(釣り)

  21. 2013.06.30
    千葉県 千葉市 for 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」(千葉モノレール俺妹車内アナウンス)

  22. 2013.07.06
    埼玉県 所沢駅 for 「ソードアート・オンライン」
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(再放送版新OP)

  23. 2013.07.12~2013.07.17(舞台探訪サミット2013遠征)
    宮城県 仙台駅前 for 「かんなぎ」(07.12)
    北海道 函館 for 「ノエイン~もうひとりの君へ」(07.14)
    北海道 函館 for 「ノエイン~もうひとりの君へ」「DARKER THAN BLACK-流星の双子-」(07.15)
    青森県 三厩駅、竜飛岬、津軽線車内、蟹田駅 for 「雲のむこう、約束の場所」(07.16)

  24. 2013.07.21
    神奈川県 神奈川県立音楽堂 for 「TARI TARI」

  25. 2013.07.27~2013.07.28(上田わっしょい2013)
    長野県 小諸、軽井沢 for 「あの夏で待ってる」(07.27)
    長野県 上田市 for 「サマーウォーズ」(上田わっしょい)(07.27)

  26. 2013.08.03~2013.08.04(RDG戸隠ツアー)
    埼玉県 大宮駅&長野県 長野駅、戸隠 for 「RDG レッドデータガール」(08.03)
    長野県 戸隠、飯綱高原 for 「RDG レッドデータガール」(08.04)

  27. 2013.08.10~2013.08.18(2013夏遠征)
    京都府 京都市 for 「たまこまーけっと」「有頂天家族」(08.10)
    京都府 京都市 for 「有頂天家族」(08.11)
    熊本県 人吉球磨地方 for 「夏目友人帳」(人吉花火大会)(08.15)
    熊本県 人吉球磨地方 for 「夏目友人帳」(08.16)

  28. 2013.08.24
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(あの花夏祭り in ちちぶ)

  29. 2013.08.31
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(劇場版初日)

  30. 2013.09.21
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」

  31. 2013.09.28
    東京都 新宿 for 「言の葉の庭」(映画見たついで)

  32. 2013.09.29
    神奈川県 江ノ島、鎌倉 for 「つり球」「TARI TARI」「ねらわれた学園」

  33. 2013.10.12
    東京都 桜新町 for 「夜桜四重奏~ハナノウタ」

  34. 2013.10.13~2013.10.14(秩父宿泊探訪)
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(龍勢祭り)(10.13)
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(10.14)

  35. 2013.10.27
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」「つり球」

  36. 2013.11.03
    東京都 池袋 for 「デュラララ!!」(ついで)

  37. 2013.11.16
    東京都 渋谷、新宿 for 「東京レイヴンズ」

  38. 2013.11.23
    東京都 渋谷 for 「東京レイヴンズ」
    神奈川県 新横浜 for 「ハマトラ」

  39. 2013.11.24
    東京都 国連大学 for 「東京レイヴンズ」

  40. 2013.11.30~2013.12.01(京アニイベント&和田光司ライブ遠征)
    京都府 京都市 for 「有頂天家族」(京アニイベントのついで)(11.30)
    京都府 伏見稲荷 for 「ガリレイドンナ」(12.01)
    京都府 下鴨神社 for 「有頂天家族」(12.01)

  41. 2013.12.07
    東京都 神宮外苑、青山、表参道、渋谷、新宿 for 「東京レイヴンズ」

  42. 2013.12.08
    東京都 渋谷 for 「東京レイヴンズ」

  43. 2013.12.14
    東京都 表参道、渋谷、新宿 for 「東京レイヴンズ」
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」「絶対少年」

  44. 2013.12.21
    東京都 国立 for 「おおかみこどもの雨と雪」

  45. 2013.12.30
    東京都 国連大学、渋谷 for 「東京レイヴンズ」
    東京都 笹塚&千葉県 津田沼 for 「バディ・コンプレックス」

  46. ◆2014年
  47. 2014.01.11~2014.01.12(201401遠征)
    岡山県 閑谷学校 for 「東京レイヴンズ」(01.11)
    京都府 京都市伏見区&滋賀県 大津、石山、旧鎌掛小学校 for 「中二病でも恋がしたい!」(01.12)

  48. 2014.01.13
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」

  49. 2014.01.25
    東京都 東京富士見坂 for 「さくら荘のペットな彼女」
    東京都 渋谷、上野 for 「東京レイヴンズ」
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」

  50. 2014.02.01
    東京都 羽田空港&神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」
    東京都 六本木ヒルズ for 「東京レイヴンズ」

  51. 2014.02.09
    東京都 新宿御苑 for 「言の葉の庭」
    神奈川県 江ノ島 for 「つり球」「TARI TARI」「ねらわれた学園」(積雪時)

  52. 2014.02.10
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」

  53. 2014.02.11
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(積雪時)

  54. 2014.02.22
    東京都 渋谷 for 「東京レイヴンズ」

  55. 2014.03.01
    東京都 渋谷 for 「東京レイヴンズ」「クロスロード(Z会CM)」

  56. 2014.03.02
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」

  57. 2014.03.09
    神奈川県 江ノ島 for 「つり球」(お花見メイン)

  58. 2014.03.16
    東京都 浅草 for 「東京レイヴンズ」

  59. 2014.03.22
    東京都 お茶の水公園、日本橋、永代橋、石川島公園 for 「東京レイヴンズ」

  60. 2014.03.23
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」

  61. 2014.03.30
    東京都 石川島公園、三田、神田(不発)、和田倉噴水公園、初台 for 「東京レイヴンズ」

  62. 2014.03.31
    東京都 大蔵団地 for 「放浪息子」
    東京都 桜新町 for 「夜桜四重奏~ハナノウタ」

  63. 2014.04.05~2014.04.06(2014春遠征)
    滋賀県 一里山公園、石山、穴太 for 「中二病でも恋がしたい!」(桜の時期の撮影+石山坂本線ラッピングトレイン)(04.05)
    京都府 藤森の疏水 for 「たまこまーけっと」(桜の時期の撮影)(04.06)
    京都府 伏見稲荷 for 「いなり、こんこん、恋いろは。」(探訪+京阪記念乗車券+各駅等身大パネル)(04.06)
    京都府 夷川発電所 for 「有頂天家族」(桜の時期の撮影)(04.06)

  64. 2014.04.12
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」

  65. 2014.04.26~2014.05.01(2014GW遠征前半)
    北海道 帯広競馬場 for 「銀の匙 Silver spoon」(04.26)
    北海道 十勝地方 for 「銀の匙 Silver spoon」(04.27)
    北海道 十勝地方 for 「銀の匙 Silver spoon」(04.28)
    北海道 札幌市 北海道神宮、円山球場、テレビ塔、札幌駅前 for 「銀の匙 Silver spoon」(04.29)

  66. 2014.05.01
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(芝桜)

  67. 2014.05.02~2014.05.06(2014GW遠征後半)
    鹿児島県 鹿児島市 中原別荘 for 「中二病でも恋がしたい!」(05.02)
    鹿児島県 鹿児島市内 for 「中二病でも恋がしたい!」(05.03)
    佐賀県 吉野ヶ里遺跡 for 「中二病でも恋がしたい!」(05.04)
    富山県 南砺市 城端 for 「true tears」(城端曳山祭)(05.05)

  68. 2014.05.10
    東京都 聖蹟桜ヶ丘、南平 for 「一週間フレンズ。」
    東京都 立川 for 「とある魔術の禁書目録」(ヤシの実サイダー発売)

  69. 2014.06.01
    神奈川県 江ノ島 for 「一週間フレンズ。」

  70. 2014.06.22
    東京都 南平、聖蹟桜ヶ丘 for 「一週間フレンズ。」

  71. 2014.06.29
    東京都 新宿 for 「残響のテロル」

  72. 2014.07.12
    東京都 阿佐ヶ谷、新宿、都庁 for 「残響のテロル」

  73. 2014.07.13
    神奈川県 横浜市 for 「Re:ハマトラ」

  74. 2014.07.19~2014.07.21(舞台探訪サミット2014遠征)
    石川県 湯涌温泉 for 「花咲くいろは」(07.19)
    福井県 刈安山、三国 for 「グラスリップ」(07.20)
    福井県 三国、カフェコトノハ for 「グラスリップ」(07.21)

  75. 2014.07.26
    群馬県 碓氷峠めがね橋 for 「喰霊-零-」
    長野県 上田市 for 「サマーウォーズ」(上田わっしょい)

  76. 2014.07.27
    東京都 白髭神社、国会前庭、警視庁 for 「残響のテロル」

  77. 2014.08.09
    東京都 丸ノ内線、中野坂上 for 「残響のテロル」

  78. 2014.08.10
    神奈川県 横浜市 for 「ハマトラ」(WORKING!!&サーバント×サービス合同イベントのついで)

  79. 2014.08.11~2014.08.17(2014夏遠征)
    福井県 福井県営陸上競技場、三国 for 「グラスリップ」(08.12)
    広島県 尾道 for 「残響のテロル」(08.13)
    熊本県 上色見熊野座神社 for 「蛍火の杜へ」(08.14)
    熊本県 南阿蘇鉄道白川橋梁 for 「夏目友人帳」(08.14)
    熊本県 人吉球磨地方 for 「夏目友人帳」(人吉花火大会)(08.15)
    熊本県 人吉球磨地方 for 「夏目友人帳」(08.16)

  80. 2014.08.31
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(あの花夏祭りFINAL)

  81. 2014.09.06~2014.09.07(法事+乗りつぶし)
    三重県 桑名市 六華苑 for 「東京レイヴンズ」(09.07)

  82. 2014.09.13
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(ちちぶ巡礼バス、ラッピングトレイン撮影)

  83. 2014.09.15
    東京都 神保町、羽田空港国際線ターミナル、葛西臨海公園 for 「残響のテロル」

  84. 2014.09.28
    東京都 府中基地跡、大城橋 for 「残響のテロル」

  85. 2014.10.12
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(龍勢祭り)

  86. 2014.10.19
    東京都 練馬区&埼玉県 新座市 for 「四月は君の嘘」
    東京都 池袋 for 「デュラララ!!」

  87. 2014.11.02
    東京都 中野坂上 for 「残響のテロル」

  88. 2014.11.08
    東京都 立川 for 「とある魔術の禁書目録」「とある科学の超電磁砲」(とあるカードラリー)
    東京都 分倍河原、聖蹟桜ヶ丘 for 「一週間フレンズ。」

  89. 2014.11.16
    東京都 大泉学園、上石神井 for 「四月は君の嘘」
    埼玉県 秩父 for 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(紅葉時)

  90. 2014.12.29
    東京都 聖蹟桜ヶ丘 for 「一週間フレンズ。」

  91. ◆2015年
  92. 2015.01.03
    東京都 池袋 for 「デュラララ!!」(2期1-2話先行上映)


以上のリストを冒頭のルールに則って数え上げたところ、2013年は45回実施(稼働日61日)、2014年は48回実施(稼働日60日)となりました。
ここ最近はだいぶサボってる感あったけど、よく数えてみたら回数、日数ともすっかり高いペースで安定しているようですね(何

ちなみに過去の分と合わせて、改めて一覧にしてみるとこんな感じ。

2004年:4回(稼働日4日)
2005年:7回(稼働日8日)
2006年:13回(稼働日14日)
2007年:9回(稼働日11日)
2008年:17回(稼働日21日)
2009年:43回(稼働日44日)
2010年:58回(稼働日59日)
2011年:49回(稼働日61日)
2012年:43回(稼働日67日)
2013年:45回(稼働日61日)
2014年:48回(稼働日60日)

2004年~2009年3月までは大学時代。札幌に住んでましたが、当時自分が見ていたアニメの中で札幌が舞台のものはなく、最も近くても函館という状況。そのため、東京の実家に帰省したとき関東近郊の舞台を巡るのを主としていたので出撃回数は必然的に少なめです。
2009年4月からは就職に伴い関東に帰還。居住地的に気軽に行ける舞台が激増したこと、アニメ業界的にも実在の背景を使ったアニメがかなり増えてきた時期だったこと、さらには金銭的余裕も出てきて遠征も平気でするようになったこと、などなどいろいろ相俟ってどんどん自重しなくなっていったのがこの期間です(何
そんなのを4年ほど続けてたらさすがに飽きたのか、モチベーションの低下を明確に自覚するようになったのが今回まとめた2013年以降だったのですが、なんだ意外と行ってたのね(何 まあ初期の頃は行ったら必ず記事にまとめて公開してたけど、最近そうでもないからそっちの方でサボってる感出てるのかしら。

こうしてまとめて見ると2010年からすっかり同じペースで安定してきたので、多分生活が激変しない限り今後もこんなペースで動くことになるんではないでしょうかw
2015年は「デュラララ!!×2」分割3クールのうち2クールが放送されるという状況のため、回数だけ見たら1期が放映された2010年同じぐらいのペースで出動することになるような気がしますが果たして。



この記事にリンク:http://tianlang.s35.xrea.com/diary/diary.cgi?mode=single&number=1929


次へ→

  [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] >>
 


昨日: 今日: